狭山住宅コラム

SAYAMA COLUMN

注文住宅で叶える!おうち時間を充実させる間取り&ポイントを紹介

”家で働く”というワークスタイルや、”家でキャンプする”という休日スタイルが増え、家で過ごす時間が多くなっていますよね。納得住宅狭山のお客様の中にも、「おうち時間を充実させる間取り」を取り入れたいという方が増えてきています。 今回は、「家で働く」と「アウトドア好き」の二つをテーマに、注文住宅の家創りをご検討される方におすすめのポイントをご紹介します。

【注文住宅×家で働く】ライフスタイル別のおすすめタイプをご紹介


テレワーク中の方やフリーランスの方は、なるべく快適に家で働きたいですよね。今回は、ライフスタイルに合わせて、無理なくワークスペースを確保できる3つのおすすめタイプをご紹介します。

■書斎型:部屋として完全分離している個室

work_01.jpg

仕事に一番集中できる環境は、個室型の書斎スペースです。

オンライン会議が多い方や、できるだけ作業に集中して仕事をしたい方に人気。個室は防音性が高く、プライベート空間として使えるので、仕事部屋としてはもちろん、趣味の部屋を持ちたいという方にも人気です。

■セミクローズ型:リビングなどに隣接する半個室の部屋

work_02.jpg

個室を作るスペースは取れないけれど、ちょっとしたワークスペースを取りたいという方に人気なのが、セミクローズ型です。

リビングや2階の渡り廊下など、共有スペースの一部に仕切りを付けて半個室になるように取り入れています。家の様子を感じながら仕事ができるので、育児や介護などと仕事を両立したい方におすすめです。

■省スペース型:階段下や収納部分など、省スペースを活用

work_03.jpg

一時的にテレワークの必要があったり、ゆくゆくは他の使い道としても利用したりする方におすすめなのが、省スペース型です。

階段下は収納スペースとして活用されるケースもありますが、ワークスペースとして活用するのもおすすめです。他にも、本棚を設置して読書スペースにしたり、ミシンを置いて裁縫をしたり、ちょっとした作業ができるスペースとして取り入れる方が多いです。

また、パントリーの一部に机を設置して、個室としても利用できるといった一工夫を加える方も。

このように、ワークスタイルやライフスタイルに合わせて間取りのご提案が可能です。

いま現在のご希望だけでなく、10年後20年後のライフスタイルを考えた間取りを取り入れることも大切です。長く快適に暮らしていただけるようご提案させていただきますので、ワークスペースを取り入れたい方はお気軽にご相談ください!

【注文住宅×アウトドア好き】タイプ別の間取り&おすすめポイントをご紹介

続いては、「おうち時間を充実させる」をテーマに、家キャンプやBBQなどのアウトドアを家で楽しむためにおすすめのポイントと間取りの事例をご紹介します。

■ウッドデッキ

stay_01.jpg

※間取りと写真の家は異なります。

家キャンプを楽しみたい方に一番人気なのは、ウッドデッキです。

テントを張ったり、BBQをしたり、ハンモックを設置してくつろいだり、と家キャンプを楽しめる可能性は無限大です。また、お弁当を用意してウッドデッキで食べたり、読書をしたり、手軽にピクニック気分を味わえます。

青い空の下、家でアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

■リビングに隣接した中庭

stay_02.jpg

※間取りと写真の家は異なります。

リビングに隣接した位置に中庭を取り入れることで、プライバシーを確保しながら、家の中にいても外で遊んでいる家族の様子を見ることができます。

また、自然の光を取り入れることができたり、カーテンを設置しないことでより開放感がある作りにしたり、取り入れる間取りによってメリットは様々です。

大きな道路に面しているなどの周辺環境により庭は作れないけれど、外で過ごせるスペースが欲しい方に人気です。

■インナーガレージ

stay_03.jpg


実はインナーガレージも、おうち時間を充実させる場所として活用できます。

車を一時的に外に出すことで、家の敷地内にスペースが確保できます。ガレージ用に水栓が近場にあることが多いので、BBQをしたり、プールで遊んだりする時にも便利です。

また、屋根もあるのでお天気が崩れている時でも、外気分を味わうことができます。

間取りを考える時に、「おうち時間を充実させる」という目線もプラスすると、オリジナリティや可能性が広がるだけでなく、長く快適に暮らすためのご自身の理想に一歩近づけると思います。

注文住宅だからこそ、より理想の家創りが叶います!具体的なプランでなくてもOKなので、お気軽にスタッフまでご相談ください。