狭山住宅コラム

SAYAMA COLUMN

【実話】埼玉県で注文住宅を〇〇したら、念願の相手と結婚できた?!

新築で家を建てる時に、「注文住宅」に憧れる方が多いのではないでしょうか。 情報があふれる現代では、インターネットで調べれば、家創りのことを分かりやすく掲載しているサイトも多いですよね。 でも、やっぱり大切にしたいのは、「ここだから、家創りを依頼したい。」そんな風に信頼できる人がいる企業ではないでしょうか。 今回は、「納得住宅狭山だから、家創りを依頼したい。」という声をいただくことの多い、埼玉県狭山市にある納得住宅狭山の社長夫婦へのインタビューです。お二人の間に起きた感動秘話もご紹介します!

今回のコラムインタビューはウェブ制作会社の藤井が担当します。納得住宅狭山のホームページを制作するうえでヒアリングした内容について、納得住宅狭山で新築住宅を検討されている方に知っていただきたいと思った内容のをコラムで紹介させていただきます。

二人の愛が育てる家族とアットホームな工務店

ライター:今回でお会いするのは二度目ですが、お二人の仲の良い雰囲気がとても伝わってきます。

社長:ありがとうございます!社員からも、「アットホームな工務店」とよく言われます。経営者としては、もっとメリハリをつけた方がいいのかと悩むこともありますが。(笑)

社長夫人:社員さんへの教育も、子供たちへの教育も、私たちの中では似ているなと思います。どちらかが注意したときは、もう一方がフォローする。そんな風に、接するように心がけています。

ライター:とても愛がありますね。そして、お二人のバランスがとても良いということですね。

地域密着型の工務店が大きな一歩踏み出したら、叶った二つの夢

ライター:実は、今回そんなお二人の愛が生み出したとても素敵なお話があると聞きました。さっそくですが教えていただけますでしょうか?

社長:では、簡単な自己紹介からさせてください。弊社は、創業者である父が昭和50年に一人親方で始めた地域密着型の工務店です。私は幼い頃から、大工は素晴らしい仕事だと英才教育を受けていたので、迷わず建築の道へ進みました。一級建築士免許を取得後、大工として修行し、その後は経営を引き継ぐ形で社長となりました。

そして、社長になった頃、私には二つの夢がありました。現在は、どちらも叶えることができています。これらを継続するために、日々試行錯誤しているところなんです。

ライター:今年で創業45年。地域密着で続けていらっしゃるということは、信頼関係も多く築いていらっしゃったということですね。

そして、何より気になるのが、叶えることができた二つの夢についてです!!ぜひ詳しく教えてください。

100年企業を目指して決断した答えは、「新築注文住宅事業」

社長:まず一つ目の夢は、「新築注文住宅事業」をスタートさせることです。父の時代は、修繕やリフォームを主軸としていました。しかし、100年企業を目指すことを考えたときに、お客様の理想を形にできる新築注文住宅を建てられるようになりたいと思いました。

ライター:なるほど。そういった経緯で、納得住宅工房ビルダーズグループへ加盟されたのですね。

社長:はい。全国にあるビルダーズグループに足を運びました。その中でも、私たちが理想としている家創りを実現できると強く思ったのが「納得住宅工房」でした。自然素材へのこだわり、デザイン性の高さ、他社ではできないお得な価格設定、どれをとっても一流です。この納得住宅工房の家創りの素晴らしさをお伝えするために、埼玉県狭山市にモデルハウスを建てたいと思いました。

社長夫人:その想いを先代へ伝え、資材置き場として使用していた場所を借りて、モデルハウスを建てることができました。

ライター:確かに、ウェブサイトやカタログでみるよりも、実際にモデルハウスで体感していただく方がお客様も想像がつきやすいですね。

注文住宅のモデルハウスが起こした奇跡の化学反応

社長:おっしゃる通りです。モデルハウスを見学できることで、より実感が湧きますよね。と、実はここで二つ目の夢が叶うことになります。

ライター:ぜひ二つ目の夢を教えてください!

社長夫人:個人的なことですが、私たち家族は、「ステップファミリー(子どもがいて再婚して、新たに築かれる家族)」です。私にも、社長にもそれぞれ一人娘がいて、モデルハウスが出来たころはちょうど二人とも10代の思春期でした。なので、再婚するのは難しいと考えていましたし、お互いに急いで結婚しようとしていませんでした。

社長:モデルハウスが完成したときに、4人で見にいきました。そうしたら、娘たちがとても興奮した様子で、「こんなお洒落でかっこいい家に住みたい!床の肌触りもすごくいい!!」「ここの部屋は私で、あっちの部屋はパパたちの部屋かな?みんなで一緒に住もうよ!」と言ってくれました。私は、「妻と結婚したい!」と思っていたので、これは逃してはいけないチャンスだと確信し、住宅ローンを組んで、すぐに家を購入しました。

社長夫人:私たちであれば、4人家族が実際に住んでいる様子をお客様に体感していただけるモデルハウスとしても利用できる。また、納得住宅で建てた家での生活についてもリアルな声をお客様にお伝えすることができる。というように、家族にとってもお客様に納得住宅工房の家創りを提案するコーディネーターとしてもメリットが大きいと考えました。

ライター:・・・私、いま鳥肌たっています(笑)とっても素敵な話ですね!!社長すごく素敵な話ですね!!!

社長:ありがとうございます。ただ、ステップファミリーは、課題も多かったので、一緒に暮らし始めてからは、よく夜遅くまで話し合いをしました。

社長夫人:そして、私たちが出した答えは、「二人の関係性が安定していることが一番大切なこと」ということでした。それは、職場でも家の中でも同じことだと思っています。

ライター:だからお二人の雰囲気の良さが伝わってくるのですね。「色々と経験されているお二人なら、家創りのことを安心して相談できる」そんな風に思わせてくれる素敵なお話でした。ありがとうございました!


埼玉県狭山市を中心とした地域で、家創りをご検討中の方は、ぜひ一度お二人に会いに行って欲しい。そう思わせてくれる素敵な人柄が伝わってくるインタビューでした。

また、20206月に狭山市に新たにモデルハウスがオープンします。「自然素材にこだわった新築注文住宅を建てたい」とご検討中の方はぜひ見学会に足を運んでみてください。