スタッフブログ

STAFF BLOG富士子ブログ

オリジナル漆喰「ピュアウォール」のヒトコロナウイルスを不活化させる効果が実証されました。

2021年1月21日

朝晩冷え込みますね。最近は、愛犬「にこ」との散歩のおかげか・・・

キーンと冷えた風にあたりながらの散歩にも慣れて、冷たい空気が気持ちよく感じるようになりました。

昨日は、水曜日でお休みだったので 家の大掃除を黙々・・としておりました。

にこの毛や埃、最後にあちこち除菌して仕上げました。

コロナ感染予防の為、玄関にアルコール除菌ジェルと外から帰宅した際に衣類へかける除菌スプレー

お出掛け時に使用できるよう除菌シートをセットで置いてます。

一番良かったのが、玄関入りすぐに洗面台が1階にある事でした。

2階リビングの為、帰宅して自分に部屋へ入る前に1階洗面で手洗・うがいを行ってから居室へ行くので安心感が違います。

M完成 039.jpg

注文住宅だからことできることですね。これから、家創りを検討中の方には玄関入っての洗面台はお勧めです!

我が家は、納得住宅狭山 CASA VIVACE仕様ですので壁も漆喰です。

元々、漆喰には抗菌作用もあり、今は漆喰がコロナを不活化することでも話題ですね。

今回、納得住宅狭山でも使用しているオリジナル漆喰「ピュアウォール」で不活化させる効果が実証されました。

★★実験方法★★

納得スタイルホームのオリジナル漆喰「ピュアウォール」のサンプル板に、ヒトコロナウイルス(Human Coronavirus 229E)を付着させて5分後、120分後のウイルスの不活化率を検証したところ、5分後にはウイルスが不活化し、残存率がほぼ0%となり、「ピュアウォール」に十分な抗ウイルス効果が認められることが実証されました。

同じくビニルクロスでも同様の試験を行った結果、5分後では残存率が減少しているものの、「ピュアウォール」のように、0%にはなりませんでした。

(試験委託機関:NPO法人バイオメディカルサイエンス研究所)

※ヒトコロナウイルス(Human Coronavirus 229E)とは、新型コロナウイルスと極めて近い遺伝子情報を持つ「エンベロープウイルス」で、新型コロナウイルスの他、インフルエンザウイルス、かつて流行したSARSやMERSもこの「エンベロープウイルス」です。

 漆喰は、抗ウイルス効果だけでなく強アルカリ性の為、細菌の増殖を抑え、カビやダニの発生を抑制する他、

 調湿性能や、シックハウスの原因と言われているホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物を吸着し

 分解する性質も持ち合わせており、安全性の高い自然素材です。

我が家の娘と代表(主人)の宮本は、元々 花粉症とその他アレルギーがあり 季節になると

テッシュが手放せないという生活をしていましたが、納得の家に住んで9年 今では花粉症だったの?と

思うほど、薬も飲まず、通院することも無くなりました。

もちろん、テッシュを抱えることも無いです。

以前は、花粉を心配して室内干しでしたが、ここ数年は外へ干せるようになり皆が安心して心地よく暮らせています。

狭山市広瀬台のモデルハウスも、我が家と同じ仕様になります。

緊急事態宣言が解除された後、安心してご来場ください。

漆喰の壁・無垢の床・薩摩霧島壁と自然素材の空気感。

ALC外壁・セルロースファイバー断熱材で暖かさを実感してください。

IMG_0247.JPG

  M完成 030.jpg  IMG_0401.JPG