スタッフブログ

CEO BLOG社長ブログ

リノベーション お引渡し

先日、狭山市のリノベーション工事のお引き渡しまありました。
和室2間をリビングへ間取り変更し、とても開放感のある空間になりました。
お施主様にも喜んでいただき、とてもやりがいのあるリノベーションになりました。

IMG_5171.jpegのサムネイル画像

IMG_5168.jpegのサムネイル画像

リノベーションは住みながら工事を行うケースと、仮住まいでお引越しして工事を行うケースがあります。
こちらの物件は住みながら工事を行いました。
工事中はお施主様にもご不便をおかけしてしまうのですが、ご協力頂きとても助かりました。

住みながらのリノベーション工事は快適な生活を維持しつつ、工事を進めるためにいくつかの注意点があります。以下はそのいくつかのポイントです

計画性の重要性: 工事が始まる前に、工程表を作成し、工事のスケジュールを確認します。予定よりも長引くことも考えられますので、余裕を持った計画を立てることが重要です。

生活空間の確保: 工事中でも可能な限り快適に過ごせるよう、生活空間を確保します。部屋ごとに工事の順番を決め、一時的な生活スペースを確保することがポイントです。給水や給湯電気ガスのライフラインの切断、復旧の計画も重要です。

ダストや騒音への対策: 工事中はダストや騒音が発生しますので、それらに対する対策が必要です。シートで部屋を仕切り、騒音を軽減する工夫や、ダストを最小限に抑える掃除機やエアフィルターの利用などが考えられます。

コミュニケーション: 工事担当者との密なコミュニケーションを図ります。工事の進捗状況や問題点について適切にコミュニケーションをとることで、円滑な工事が進むことが期待できます。

快適な生活の確保: 工事中でもできる限り快適な生活を維持することが大切です。仮設のキッチンやトイレの設置、一時的な洗濯場の確保など、生活を支える施設の確保が必要です。

家族の安全確保: 工事中は危険が伴うこともありますので、家族の安全を確保することが重要です。特に小さな子どもやペットがいる場合は、危険な場所への立ち入りを制限するなどの対策が必要です。

これらの注意点を考慮しながら、住みながらのリノベーション工事を進めると、ストレスを最小限に抑えながら工事を成功させることができます。

私たちもできる限りお客様にストレスのかからないリノベーション工事を目指して参ります。